死生観をもつ。スティーブ・ジョブズとガンジー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

もし、一ヶ月後に自分が死ぬとするならば、

今すぐ会社を辞めます。

 

どうしても、自分にとっての会社勤めは、

時間を売ってお金を得る手段となっています。

 

ですから、余命1ヶ月だとわかったら、

時間が限りなく貴重な財産となるため、

残された1ヶ月の時間を仕事に使うことはなくなります。

 

 

「今日が人生最後の日だとしても、今日、する予定のことをしたいと思うか。」と。

「ノー」と答える日が続くなら、軌道修正しなければならないということだ。

By Steve Jobs

 

 

このスティーブ・ジョブズの名言に従うのであれば、

私は軌道修正が必要です。

 

しかし、だからといって、サラリーマンを今すぐに辞めたほうがいいかといえば、

それは違うと思うんですよね。

 

 

自分がいつ死ぬかわからない以上、

「今」の他に、「将来」を考える必要があります。

 

 

「今」だけを、大事にしたら、

私は堕落しきったクズ人間になりそうです。

お先真っ暗です。

 

 

「今の幸せ」が「将来の幸せ」につながった生活がいいですね。

 

 

明日死ぬかのように生きよ。 永遠に生きるかのように学べ。

By ガンジー

 

 

こんな感じが理想です。

 

そのようなことを模索しながら、もう少しサラリーマンを続けたいと思います。

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする