脳に備わっているシミュレーション機能とバグ。会社を辞めたあとの生活とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 105
スポンサーリンク

 

人間の脳には、シミュレーション機能が備わっています。

 

たとえば、

「この食材を組み合わせたらおいしそうだ。」とか、

「あの人に告白する場所は、あそこがベストだな。」といったよう、実際に行動をせずとも、今持っている情報をもとに頭のなかで再現をすることができます。

 

頭のなかで、目の前にある食材で料理を作ったり、

シンデレラ城の前で好きな人に告白することができるのです。

 

 

人間が生き残るために必要な機能だったのでしょう。

 

 

でも、このシミュレーション機能で予想される結果が足かせとなり、

実際にやってみたら楽しいことであるにも関わらず、

実行に移せないということもあると思います。

 

 

シミュレーション結果と実体験がまったく異なる場合もあるということを認識して、

やりたいことは、周りに何と言われようと実行したほうがいいのでしょう。

 

 

脳内で行われるシミュレーションにはバグがあるんやで。

 

 

 

それにしても、周りから発せられる情報からシミュレーションすれば、

セミリタイアは悲惨なものになりそうです。

 

 

実際に仕事を辞めたあと、

 

 

あぁ、周りは脳内にバグを持っていたな

 

 

といったことが言えるといいな。

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする