タイ語の勉強は「VOAのアプリ」と「iPad」でバッチリ。オススメの参考書・教材と独学の流れ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 105
スポンサーリンク

私は2013年12月からタイ語の勉強をしています。2015年10月現在、勉強を始めてから2年弱経過したこともあり、市販の参考書では物足りなくなってきました。英語や中国語とは異なりタイ語はマイナーな言語であるため参考書が少ないのです。

私が欲しい教材はパラグラフ単位の文章とその音声がセットになったものです。ベストセラーの英語参考書である速読英単語のタイ語版をイメージしていただけたらと思います。

さて、日本で手に入る教材は今までしっくりこなかったのですが、先日ついに見つけました。それは、VOA(Voice of America)というアメリカ合衆国政府が運営する国営放送です。英語の勉強ではメジャーみたいですね。VOA Thaiではタイ語の勉強もしっかりできます。しかも無料です。

書籍ではないので、パソコンからサイトにアクセスするかアプリをインストールする必要があります。私はパソコンで勉強をする気がしないのでiPadです。本当は紙に印刷して勉強したいところですが、印刷ができる環境ではないので。

個人的にかなり嬉しいです。みなさんにも情報の共有を。

VOAをダウンロード。タイ語のパラグラフと音声の入手まで

1.App StoreからVOAのアプリをダウンロードします(アンドロイド版もあります)。

f:id:Mao1:20151002210740p:plain

2.VOAのアプリを起動すると言語の選択ができるので、タイ語を選びます。

f:id:Mao1:20151002210810p:plain

3.アプリで表示されているニュースを選択すれば、音声も聞けます。

f:id:Mao1:20151002210833p:plain

感動ものです。欠点は日本語訳がないことですね。中上級者向けです。

iPadを白黒表示に設定する

無料でこんなレベルの高い学習教材が手に入るなんて嬉しい限りです。しかし、個人的には問題点がありまして、それはiPadだと目が疲れるということです。ということで、目に優しい白黒表示に設定します。

1.設定の一般を選択します。

f:id:Mao1:20151002210854p:plain

2.アクセシビリティを選択します。

f:id:Mao1:20151002210911p:plain

3.グレイスケールをオンにします。

f:id:Mao1:20151002210932p:plain

これで、白黒表示になります。

タイ語独学の流れ

私のタイ語独学の流れは、以下のようになっています。

1.「タイ語の基本」を勉強する。

2.タイに行って「中上級者のためのシャドーイングでタイ語 」を購入して勉強する。300バーツです。(参考記事:チュラロンコーン大学の本屋でおすすめのタイ語の参考書を買った。「中上級者のためのシャドーイングでタイ語」

f:id:Mao1:20150310125558j:plain

3.iPadを買ってVOAのアプリで勉強する

みなさんの参考になれば幸いです。

最後に

以上は、2015年10月に書いた記事なのですが、現在ではVOAよりもこちらで紹介している教材をオススメしています。

私は2013年12月からタイ語を独学で勉強しています。タイ語を2年半勉強した経験から、オススメの参考書や教材を紹介します。 世界一わかりや...

タイ語を独学で2年半勉強した私がオススメの参考書と教材を紹介します(2017/4/11更新) – セミリタイア生活の綴り Blog

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ボイスオブアメリカって聞いたことあるけど、使ったことなかったです。
    そういや一時期ipodでpodcastを色んなの聞いてました。あれもタダですからね。