ハローワークに行ってきた。他県の職業訓練校に通う場合の失業保険の受給について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 113
スポンサーリンク

会社から離職票が届いたので、ハローワークに行ってきました。

私は住宅リフォームの職業訓練校に通う予定です。そして、「住宅リフォーム」と言っても職業訓練校によってカリキュラムに違いがあるので、他県の職業訓練校を希望しました。

以下、他県の職業訓練校に通うときの疑問点や注意点をまとめてみました。

他県の職業訓練校に通うときの問題点・注意点

Q.そもそも他県の職業訓練校に通うことはできるのか?

できます。そして、願書提出などの手続きはわざわざ他県のハローワークに行かなくてもできます。基本的にパンフレットを取り寄せてネットor郵送で申し込みです。

パンフレットの取り寄せについては、こちらで送料を負担して返信用封筒を同封して請求するのが通常です(私の場合はハローワークの職員の方が参考資料として取り寄せてくださったので無料となりました)。

Q.職業訓練校の入校試験を受けるための交通費は支給されるのか?

支給されません(2016/2/7更新)。

聞くのを忘れました。次回に聞いておきます。

広域求職活動費というものがあるので、職業訓練校の面接にかかる交通費も無料になる可能性はあると思うんですけどね。

知らないと損をする「再就職手当」と「広域求職活動費」。ハローワークでハロートリップ – セミリタイア生活の綴り Blog

 

Q.失業保険の給付の手続きはどうなるのか?

失業保険は住んでいる地域のハローワークで給付の手続きを行います。ですから、他県に移ったときは、引越し先の担当区域であるハロワークに行って手続きを行う必要があります。

Q.住民票は移したほうがいいのか?

住民票は原則として住んでいる地域に移さなければなりません。しかし、失業保険の給付に関しては、住民票のある地域は関係なしに住んでいるところで判断されるため、住民票はわざわざ移さなくても失業保険は受け取れます。

Q.住民票がない場合に失業保険の手続きに必要な書類は?

ハロワークの手続きは住民票を持っていくことが普通ですが、住民票を移さない場合は賃貸契約書や公共料金の支払い領収書で代替可能です。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 悟りドラゴン より:

    セミリタイアは階段の踊り場のようなものですね。選択肢は色々あるが、いずれ具体的なアクションを起こさないといけませんし、その為の充電もしっかり必要です。
    対して、完全リタイアの私はもう充電の必要はありません。自己啓発?一切やりません。ダラダラ生活でニュースすらまともに見ていませんから、どうしてニューヨークダウがこれほど値を下げるのか理解できません。先日利上げしたばかりなのに。原油安?不可解です。
    10年前、上海。1元=15円で、当時すでに目いっぱいのバブル状態であったのを直に見ていましたから、中国は容易に理解できます。
    日本円も標的になるという筋書きはあまり考えたくありませんが、
    金にシフトですかね、リスクヘッジは?
    投資家の皆さんのストレスは大変ですね。

  2. おっと、私もまさに職業訓練を受けようと先日申し込んだところです。
    東京の場合は面接とかはなく、志望動機などを書いた書類での審査のみです。倍率は2倍程度あるみたいですが、なんとか通って欲しいです。
    もし通えたら交通費も出るし、雇用保険も普通に出るし、なかなかお得ですよね。
    実際の収入にも繋がったら言うことなしです。

  3. Mao1 より:

    悟りドラゴン さん
    そうですね。私は一財産築いたわけではないですし、まだ20代なのでアクションは取らなければならないと思っています。
    まぁ、ある程度不安というスパイスがあったほうが人生楽しいと思っています。この余裕がいつまで続くかですが。。。
    株価は先週に大分下がりましたね。木曜日、金曜日で買い増ししましたし、まだキャッシュも温存しているので来週の株価は上がってよし、下がってよしのポジションでいるつもりです。つもりなだけですw

  4. Mao1 より:

    招き猫の右手 さん
    書類審査だけなんですか!?それはいいですね。羨ましいです。
    職業訓練はかなり良い国のサービスですね。お互い、合格するといいですね^^