読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セミリタイア生活の綴り Blog

最終出社日は2015年9月30日。28歳で新卒入社の会社を辞めました。1987年生まれのサラリーマンの日記。2015年5月に資産3,000万円達成。内容は主に、セミリタイア、お金、語学、シンプルライフ、旅行について。自称ナンパ系投資家。


職業訓練校は辞めることになりそうです。日本の生活にも飽きてきた

 

f:id:Mao1:20160705232852j:plain

 

 

 

 

2016年4月のはじめに海外から帰ってきまして、それからはDIYの職業訓練校に通っています。新しい土地でシェアハウスを借りて、新生活がスタートしてはや3ヶ月。

 

当初、日本での生活はかなり楽しかったです。日本のバリューなサービスに感動していました。

 


今でも物価の安さに日々感心する毎日ですが、徐々に時間を大事にしていない自分に気づき始めました。部屋で長時間のネットサーフィン、サンマルクに行って勉強してもダラダラ。1日がすぐに終わっています。せっかく会社を辞めて人生のゴールデンタイムを作ったのに、時間の価値が低下しています。ここらで海外に行ってリセットしたほうが良さげです。

 

 


 

この3ヶ月間、内的な変化を楽しむためにいろいろなことをしました。 

 

今まで住んだことのない新しい土地に住み始めました。

住居は初めて体験するシェアハウス。

職業訓練校では見知らぬ人たちと出会い、毎日新しいことを学んでいます。

英語とタイ語の勉強は順調です(ビルマ語がかなり遅れ気味。。。)。

4月にはクラトロさんのナンパセミナーに行きました。

5月にはたーちゃんさんの投資セミナーに行きました。

新しく通い始めたダンス教室では、なんと発表会に出させてもらいました。

不動産の内見を行い、人生初の買い付け申込書を書きました。

女の子といちゃいちゃしました。

 

 

それでもダレてきています。集中力が続きません。「海外に行きたいなー」なんて思っていたら、そこで職業訓練校から「就職しろ!」というプレッシャー。

 

 

職業訓練校で受けるプレッシャー

 

「職業訓練校は今まであなたたちが行っていた学校とは違うんです。年齢、職業経験などまったく異なった人たちが通う就職するための学校なんです」

 

この「就職するための学校」というフレーズは入「校」式のときから何回も聞かされました。入「学」式ではなく入「校」式である理由も、「今までの学校とは違うんだよ、就職するための学校なんだよ」と初日に言われています。

 

そして、私が通うDIYのコースは就職率がとても悪いのです。趣味で通う人や不動産投資に活かそうとする人が他よりも多いからでしょう。厚生労働省から「就職率をもっと上げろ!」とプレッシャーをかけられている先生は、当然私たちに「就職しろ!」とプレッシャーをかけてきます。特に、私みたいに20代の人はロックオン。

 

私自身学校を休みたいと思う日が増えてきましたし、また学校からも歓迎されていないのであれば学校に通う必要はないというのが現時点で出した結論です。学校を辞めても就職率に影響はないみたいなので、先生方としても辞めたほうが喜ばしいでしょう。

 

職業訓練校を休む、辞める方法について記事を書きました(2016/7/22更新)。

 

 

私が受けているプレッシャーはブログからは全然伝わっていないと思うので、職業訓練校を辞めたら、そのことについて書きたいと思っています。

 

職業訓練校の感想と就職面談のプレッシャーについて記事を書きました(2016/7/30更新)。

 


 

タイのチェンマイに行きたい

 

やりたいことがあるのは幸せなことですし、制限された環境ではそのやりたいことがわかるので良いこともあるわけです。そして、今の自分が何をしたいかなと思ったときに、タイのチェンマイに行きたいということでした。

 

 

デジタルノマドのためのランキングで1位を獲得。

 

 

まだ行ったことのないチェンマイ。イメージとしては、「田舎」「物価が安い」。刺激が大好きな私はすぐに飽きてしまうかもしれませんね。そしたらパタヤ行きますわ。

 

関東にいるうちに、やることはやっておかないといけないですね。タイから帰ってきたら、そのあとちょっと実家に寄ってから名古屋に滞在する予定です。予定がコロコロ変わる私なんですけどね。

 

 

行ってきました。(2016/9/12更新)