ウクライナでフリヴニャの両替。手数料が無料でできるATMでキャッシング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

ウクライナの通貨単位はフリヴニャです。街中の両替所では日本円を取り扱っておらず、また取り扱っている場合でもレートがかなり悪いです。

ですから、ウクライナに旅行するときは、あらかじめ日本の空港で日本円を米ドルやユーロに両替しておくのが一般的だと思います。

今回の記事では、現地でフリヴニャを手に入れられるキャッシングについて説明します。2017年5月の記事です。

街中にあるATM

キエフやオデッサ、リヴィウの街中にはATMがたくさんあります。しかし、それらのATMは引き出しの上限額が1,000UAH(約4,000円)だったり、英語を表示できなかったりします。

そんななか、英語表示ができて1回につき8,000UAHまで引き出せるATMがこちらの緑色のものになります。

f:id:Mao1:20170516000505j:plain

目立つのでわかりやすいと思います。

ところが、このATMは手数料が異様に高いです。8,000UAHをキャッシングしたところ手数料として163.75UAHが必要でした。

f:id:Mao1:20170516000332j:plain

引き出すだけで2%は高いですよね。他にも、ウクライナ銀行のATMは同じように引き出し上限額が高いのですが、手数料として2%かかります。そこで、手数料が無料のATMの出番です。

オススメの手数料無料のATM

手数料が無料でできるATMはこちらになります。1回につき引き出せる上限額は3,000UAHでした。連続で行えば6,000UAH~と引き出せます。

f:id:Mao1:20170516000541j:plain

手数料は無料です。

f:id:Mao1:20170516000524j:plain

EURONETは手数料は無料となりますが、独自の為替レートを使っているために結果的に高くとなるという情報があります。

記事の最初に紹介したATMは手数料が高すぎるので、それを考えるとEURONETのほうが安くなると思うんですよね。

ということで、実際に比べてみました。

最初に紹介したATM

f:id:Mao1:20170520002412p:plain

為替レートは1UAH=4.395(計算式は35,160円 ÷ 8,000UAHです)

EURONETのATM

f:id:Mao1:20170520002416p:plain

為替レートは1UAH=4.305(計算式は861 ÷ 200UAH)

「4.395」と「4.305」ですから、EURONETのほうが2%近くお得なんですよね(キャッシングした日が異なるので厳密には言えませんけど)。

ということで、ATMでキャッシングをするのであれば、私はEURONETのATMをオススメします。

最後に、ATMはなるべく滞在しているホテルのロビーや営業中の銀行前にあるのを使うのが良いです。私はまだ1回も経験はないのですが、新興国のATMはカードを吸い込んで、出てこなくなることがあるからです。

キエフでは、独立広場近くにEURONETのATMがありました。

他には、地下鉄「Teatral’na Square」の近くにある両替所にもあります。

オデッサでは、ホテル「オーケー オデッサ (Ok Odessa Hotel)」のロビーにありました。

オーケー オデッサ (Ok Odessa Hotel)

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする