ヤンゴン国際空港から市内(ダウンタウン)までの移動方法。タクシーと比べてバスはかなり安い

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

ヤンゴン国際空港からダウンタウンまでの移動方法を紹介します。

タクシー

空港には客待ちのタクシーがたくさんいます。しかし、それらのタクシーは当然のことながら価格をふっかけてくるので、税関を出たあとの手配所を利用しましょう。相場は8,000チャット(約800円)。

バス

わざわざヤンゴン(ミャンマー)に来て、800円という高額なタクシー代を支払うのは嫌ですよね。そこで、バスを利用しましょう。

ヤンゴン国際空港から近いバス停の場所

ヤンゴン国際空港から近いバス停は2つあります。ともに1.7kmです。大きな荷物を持っていたらけっこうキツイ距離ですね。

ダウンタウンまで行くバスは?

ヤンゴンのバスは数字がビルマ語で書かれています。そのため事前に「何番のバスがダウンタウンまで行く」という情報を仕入れていても、乗るのはハードルが高いです。

ということで、進行方向に向かっているバスに適当に乗りましょう。

私は運良く最初に来たバスに適当に乗ったら、そのままダウンタウンまで行けました。ダウンタウンまでは多くのバスが走っているので、運が悪くなければ一発でしょう。

事前準備として、Google mapでヤンゴンの地図をキャッシュに保存しておきましょう(拡大、縮小をしたものを忘れずに)。ヤンゴン国際空港は無料でWi-Fiが利用できます。GPSはインターネットが繋がらなくても動作するので、バスに乗りながらどこに向かっているのか確認できます。そして、行き先が違うバスに乗ってしまった場合は、バスから降りて次のバス停まで自分で歩いてからまたバスに乗りましょう。間違えてもたった20円の損失です。あと体力。

バスの乗り方

バスに乗ると集金係がお金を請求してきます。初乗り料金は200チャット(約20円)。本来ならば行き先を告げると金額を言われるのですが、まぁ適当に乗っているのでそれはできません。ということで、とりあえず200チャットを渡しておきましょう。

ヤンゴン国際空港からダウンタウンまでは300チャット(約30円)という情報もあり、正直よくわかりません。降りるときに集金係が何か言ってきたらさらに100チャットを渡せばいいと思います。おそらく何も言われません。

もしも1,000チャット札しかないのであれば、お金を渡したあと集金係が持っているお金を拝借して800チャットを自分で数えて受け取りましょう(笑顔で)。それが一番確実です。

注意点

適当に乗っているので、あまり良い方法ではありません。あなたが行き先を告げられるのなら、そしてバスの番号をビルマ語で調べているのであれば、そちらのほうが良いと思います。

他に、たとえばGoogle mapを見せて行き先を知らせるという方法を思いつきますが、地元の人はGoogle mapを理解してくれませんでした。現地の人たちは地元から出る必要がないので、おそらく地図を見る習慣がないのだと思います。外国人であるわれわれのほうがヤンゴンの地図に関しては詳しいです。あと、英語は通じません。

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする