ヤンゴンのディスコPioneerに突撃。ミャンマー人とインド人のハーフの女の子

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
i mobile

ヤンゴン初日の記事はこちら。

ヤンゴン初日の記事です。ヤンゴン空港のATMでチャットをキャッシング、またSIM購入もスムーズにことが進み、少し拍子抜けしていました...

ヤンゴン2日目です。

ディスコPioneerには素人も踊りに来ている!

こんな情報を見たら行くしかありません。ミャンマー人の素人に興味あり。だって、そこらへんに歩いている女の子、カワイイですよ。平均値比較ではパタヤよりも全然上。

日中は、シュエダゴン・パゴダに行って心を清めました。

f:id:Mao1:20151203023508j:plain

そのあとは一度ゲストハウスに帰って仮眠。コンディションバッチリで夜を迎えます。

Pioneerに到着。入場料7,000チャット。ちょっと高いぞ(私が行ったのは金曜日です)。

店内に入ると黒服がテーブルに案内してくれて、「女の子はいるか?」と尋ねてきました。私は自分で声かけしたいのでパス。しかしそのあとも、ずっと私から離れない黒服。私が店内をウロウロしても付いてくる黒服。

顔をしかめると、「チップ!」と言われました。あぁ、チップが必要なんですね。特に何もしてもらっていませんが、仕方がないので1,000チャット渡しておきました。

さて、Pioneerに女の子は4,50人います。しかし、素人だと分かる女の子は2人だけ。売春の巣やん!

素人の女の子は可愛かったので、声をかけてみました。断られました。はい、もう候補ゼロ。

どうしようかなー。買春する気はないんですよね。ドミトリーですし。

すると、欧米人のような顔立ちの美しい女の子と目が合いました。声をかけてみると、「You are very nice!」とのこと。そのまま一緒に踊ったりテキーラ飲んだり(一杯3,000チャット)したら、80.000チャットで連れ出しのお願いが来ました。

50,000チャットと言うと、鼻で笑われました。

うーん、ドミトリーで欧米人ばかり見ていたからでしょうか。この欧米人のような顔立ちの女の子を抱いてみたい。ということで、連れ出し決定。

ラブホテルにはタクシーで向かいます。Pioneerの前で、タクシーのドアを開けるだけの従業員がチップを要求してきます。マジでこの乞食のような従業員をどうにかして欲しい。仕方がないので1,000チャット渡しました。

さて、ヤンゴンに来たことがある人なら下の地図を見てわかると思いますが、ラブホテルはかなり遠かったです。なぜこんなに遠くまで来たのでしょうかね?近場にもあると思うのですが。私の予想では、女の子がIDカードを持っておらず、IDカード不要のラブホテルに来たのかなと推測しています。

タクシー代5,000チャット、ホテル代25,000チャット支払い。

どうやら、この女の子はミャンマー人とインド人のハーフらしいです。あぁ、インド人の血が入っているから顔が濃かったんですね。

そして、「Nスパンでオッケーよ!」とのこと。

いやー、そんなの絶対ダメだよー。

だめだー。

だめだー。

あぁぁぁぁ。

はぁぁぁぁぁ。

Nスパン&N出ししました。猛省。翌日から、エイズについて調べ始める私。

世界・日本・北海道のHIV/エイズの状況 | 北海道 のHIV/エイズ情報 – HAND –より抜粋。

アジアの多くの国々では、セックスワーカーはコンドームを使用していないため、常に感染のリスクにさらされています。結果的に男性客の感染にもつながり、さらにその男性客のパートナーへと、感染拡大の要因の一つになっています。ミャンマーでは女性セックスワーカーの18%が、インドの4つの州では14.5%がHIVに感染しています。

あーやっちまったなぁー。。。とりあえず、1ヶ月後のエイズ検査は確定。エイズ感染のことを考えると気分が下がるので、あまり考えないようにしておきます。

クラブPioneerについてですが、入場料は高いですし、黒服のチップ要求もうるさいので微妙ですね。

続きはこちら。

ヤンゴン2日目の記事はこちら。ヤンゴン4日目の記事です。えーっ、まずはじめにヤンゴン3日目は有名なディスコJJに行き...

i mobile

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする