ミャンマー人のゲイとデート。ヤンゴンのディスコSKY WAY(スカイウェイ)に突撃

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
i mobile

ヤンゴン2日目の記事はこちら。

ヤンゴン初日の記事はこちら。 ヤンゴン2日目です。 ディスコPioneerには素人も踊りに来ている! こんな情報を...

ヤンゴン4日目の記事です。

えーっ、まずはじめにヤンゴン3日目は有名なディスコJJに行きました。

何もできませんでした。

女の子はプロ臭のする子ばかりですし、そもそも真ん中のステージで踊る勇気がありませんし、はっちゃける場かと思いきやギラギラしたおじさんたちがステージの周りで座ってお酒を飲んでいるわでなんかチグハグ。個人的にはイマイチです。純粋に買春する場としては良さげですが。

とりあえず、今日はSKY WAYでリベンジやでー!

と、その前にJF(ジョイナーフィー)無料のホテル探しをしました。ネットで調べるとM.G.M ホテル (M.G.M Hotel)が有名なようですね。ただ、M.G.Mホテルはダウンタウンから少し離れているんですよね。

ということで、ダウンタウンのホテルを一軒一軒回って「女の子を連れ込む費用はいくらか?」と聞いて回りました。そこでちょっとした事件がありまして、6軒目に入ったホテルマンがやたら優しくて、一緒にホテル探しを手伝ってくれたんですよね。

チップを渡そうとしても断られるし本当に優しい人なんだと思っていたら、、、ゲイでした。

肩組んだり性器を触ってきたり、あれが下心あっての行為と思うと本当に気持ち悪い。

最後は私の泊まっているホテル(ホステル)まで付いてきて、ドミトリーだから入れないということが分かったら「マスターベーション」と言って帰って行きました。うん、気持ち悪い。

私は価値観の違う人にも理解を示す意思は一応持っていますし、ゲイということで差別なんかしませんが、私が性的な対象と見られて触れられていたと考えたら気持ち悪い。セクハラされた女性の気持ちが少し分かりました。

とりあえず、その晩私はクラブSKY WAYに行きました。

入場料4,000チャット。

クラブ内の客ですが、みんな普通に踊っています。あぁ、素人たくさんいそうだよ。立っているだけの売春婦もたくさんいます。

相変わらず従業員に「女の子はいるか?」と尋ねられますが断ります。

案内された席に着席してビールを飲んでいたら、女の子から声をかけてきてくれました。レッドブル(一杯1,500チャット)をごちそうしてイチャイチャします。胸を揉んで楽しんでいると、向こうから「4万チャットでどう?」とのこと。断ると、すかさず3.5万チャットになりました。

それも断ると、結局3万チャットまで下がりました。「ママさんはいるの?」と尋ねたら「いない」とのことなので、ママさんがいないほうが簡単に値下がりするのかなと思いました。

私が買春する気がないことがわかると、女の子はチップを要求してきました。チップは3,000チャットあげました。バイバイ女の子。

さて、最近は自ら声をかけるということをしておらず受け身一辺倒だったので、久しぶりにナンパをすることにしました。「知らない人に話しかける」という恐怖に慣れておかないとダメですからね。地元のミャンマー人が踊りまくる間を歩いて、女の子を物色する私。

そして、2人組の女の子を見つけて、そのまま一緒に踊りました。うん、ここはナンパできる。手応えあり。

手応えを感じた私は1分ぐらいで満足して、ディスコを後にしました。そもそも女の子がタイプではありませんでした。

i mobile

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする