ヤンゴン(ミャンマー)の風俗について。ディスコ(クラブ)の紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
i mobile

ヤンゴンの風俗は主にディスコ(クラブ)と置屋です。ディスコでは地元の人たちがプライベートで遊びに来ていたりするのですが、外国人がディスコに入ると黒服に「女の子はいるか?」と聞かれます。事前に黒服にチップ(1000チャットぐらい)を渡しておくのがルールのようです。

それでは、今回はディスコ(クラブ)の紹介をします。

エンペラー(Emperor Disco)

場所

住所:Emperor Disco, Shwedagon Pagoda Rd, Yangon

概要

f:id:Mao1:20151127214640j:plain

ビルの入口の写真

エンペラーはビルの5階にあります。ビルの入り口には日本語を話せる黒服のお兄ちゃんがいたりいなかったりします。

入場料は5,000チャット(約500円)。ビールorコーラが1杯無料です。

女の子の相場は80,000チャット〜。

ソファに座ると、複数人の女の子に取り囲まれて猛烈にアピールされます。店内は暗くて顔がよく見えないので、スマートフォンのライトで照らしましょう。

部屋の中央にはダンスフロアがあり、21時半からは女の子たちのウォーキングショーが行われます。入れ替わりで6〜8人の女の子がステージ上を規則正しく歩きまわります。気に入った女の子には5,000チャットで花の首飾りを送ることができます。全員の女の子に送ったり、1人に何個も送ることも可能です。

花の首飾りを送ると、ショーの終了後に隣の席に来てくれます。

また、15,000チャットでVIPルームを使用することができます。駐在のような日本人のおじさんたちが4,5人で利用していました。お得意様のようですね。

お酒を催促されることはありません。私はコーラ一杯で2時間滞在しました。

JJ(J.J. Entertainment City)

閉店しました(2017年更新)。

場所

住所: J.J. Entertainment City, Yangon, Yangon Region, Myanmar (Burma)

概要

入場料は4,000チャット(約400円)。ワンドリンク付きです。

女の子の相場は50,000チャット〜。

上述したエンペラーとこのJJがヤンゴンでは有名なディスコとよく紹介されています。しかし、エンペラーと比べるとこちらは若者向けといった感じです。雰囲気はクラブそのもの。中央にダンスフロアがあり、地元の若者が踊ったりしています。そして、その周りのテーブル席では売買目的のおじさんと立ちんぼがいます。

女の子から営業はあまりしてこないので、自分から声をかけるか黒服に連れて来てもらいましょう。

パイオニア(Pioneer night Club)

f:id:Mao1:20151220160546j:plain

場所

住所:Pioneer Night Club, Ahlon Road, Yangon, Yangon Region, Myanmar (Burma)

パイオニアはヤンゴンインターナショナルホテルの敷地内にあります。ホテルの正面玄関に向かって左の敷地にあるカフェ(Black Canyon Coffee)の隣です。

f:id:Mao1:20151220161419j:plain

概要

入場料は平日6,000チャット(約600円)、金土日7,000チャット(約700円)。ワンドリンク付きです。

女の子の相場は80,000チャット〜。

ミャンマーの歴史的建造物を模造した建物を使ったキャパシティ約300人の天井が高いディスコです。

素人がたくさんいるという情報を見たのですが、私が行った金曜日の夜は売春の巣でした。女の子は4〜50人いましたが96%売春婦でした。そして、黒服のチップ催促もやたらにありイメージは悪いです。おそらく高級ホテルに併設されているクラブなので金持ちの客が多いのでしょう。入場料も高めです。

黒服に頼んでも良し、自分から声かけしても良し。

スカイウェイ(Sky Way)

f:id:Mao1:20151220162533j:plain

場所

住所:Queen Star Restaurent, Kyee Myindaing Kanner Road, Yangon, Yangon Region, Myanmar (Burma)

Sky WayはGoogle mapで検索しても出てきません(2015/12現在)。このQueen Star Restaurentの入り口に向かって右側にあります。ダウンタウンからは少し離れています。

概要

入場料は4,000チャット(約400円)。ビール2杯がついてきます。

女の子の相場は30,000チャット〜。

中央にダンスフロアがあり、数多くの地元の若者が踊っています。フロアの周りには立ちんぼもいるのですが、ママさんがいないフリーの女の子が多い印象です。値段も安めです。もちろん黒服に言えば女の子を連れて来てもらえます。

オススメのディスコ

個人的にはエンペラーとSky Wayが好きです。エンペラーで女の子に囲まれるのはヤンゴン風俗の名物でしょう。必見です。

Sky Wayは他と比べて割安でコストパフォーマンスが高いと思いました。また、素人の女の子も多そうなのでナンパできると思います。ダウンタウンから離れているのが難点ですが、だからこそ値段も安いです。

JJは普通のディスコ風俗。女の子の数は多いです。

Pioneerは入場料高め、黒服のチップ催促が鬱陶しいので微妙です。

覚えておくと役に立つビルマ語

少しだけでもビルマ語を話せると、女の子との距離がぐっと縮まります。基本的な言葉を紹介します。

①おはよう、こんにちは、こんばんは

ミンガーラーバー

②会えて嬉しいです

トゥエーヤーダー ワンターバーデー

③名前はなんと言いますか?

ナンメー ベロコーバレー

④これをください

ダーペーバー

⑤ありがとう

チーズティンバーデー

⑥いくらですか?

ベーラーウーレ

⑦かわいい

ラーデ

⑧愛してる

チーデ

ミャンマーの女の子

「ミャンマーの女の子はカワイイのかどうか?」ということが気になるところだと思います。

ミャンマーの風俗を気にするぐらいですから、タイの風俗は経験済みということで話を進めます。個人的にはタイ人と比べると、ミャンマー人のほうがカワイイ女の子が多いと思いました。

ミャンマー人はタイ人のようにしっかりと化粧をしておらず、タナカというミカンの仲間の木を石板ですりおろしたものを顔に塗ります。ですから、ナチュラルにカワイイ女の子が多い印象です。あと、全然スレていません。

素朴な女の子が良い場合は、タイよりミャンマーですね。

女の子の連れ込み料無料のホテルのオススメはこちらです。

ヤンゴン(ミャンマー)は物価水準と比較するとホテル代だけがやたらに高いです。ということで、コスパが良いホテルを求めて、値段:以...

旅行費用を稼ぐならハピタスがおすすめです。
インターネットで簡単にお金を拾って旅行費用に当てる方法

i mobile

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする