現代の遊牧民によるハイブリッド戦略。セミリタイア生活の安定化に向けて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0
スポンサーリンク

 

人間が生きていくためには、衣食住が必要です。

 

遊牧民は衣食住すべての需要を満たす家畜を貴重な財産として、季節的に移動を行います。

 

お金をまったく使わない生活方法として、1つのモデルだと思います。

 

 

私はセミリタイアするために株式投資をしています。現代では、お金さえあれば衣食住をすべて満たすことができるので、株式を貴重な財産として移動をすることができます。

 

資本主義の遊牧民です。

 

 

また、今はインターネットにより、個人でも簡単に情報発信ができます。そして、ファンがたくさんいれば、衣食住をすべて満たすことができるのです。たとえば、フォロワーがたくさんいれば、Twitterで「助けてくれませんか?」とツイートすると誰か助けてくれますよね。

 

自己ブランドを貴重な財産として、移動を行うことができます。

 

評価経済社会の遊牧民です。

 

 

この3種類「従来の遊牧民」「資本主義の遊牧民」「評価経済の遊牧民」のいずれかの遊牧民になれば、リタイアできます。

 

しかし、それぞれリスクを抱えています。

 

伝染病が流行って、家畜が全滅したり、

株式市場の暴落があったり、

冤罪で自己ブランドが傷つくリスクです。

 

 

そこで、安定化を図ります。

基本は、分散です。

 

 

つまり、まずはじめに、家畜を買って遊牧民のように生活します。次に、その生活の様子をTwitterやブログで実況します。

 

 

そんな特異な生活をしていれば、多くの人がファンになってくれるでしょう。

 

 

最後に、ブログに広告を貼ったり、寄付金を募ったりして、得たお金を株式に投資します。

 

 

これで、安定したリタイア生活を過ごせます。

 

やったね\(^^)/

 

 

 

冗談みたいになりましたが、遊牧民みたいに家畜で衣食住を全て補うのは難しいでしょうけど、

 

自分で家を建てて、ブログで発信(衣食住のうち、住のみ)

農作業をして、ブログで発信(衣食住のうち、食のみ)

 

などはすでに実践されている方がいますので、

 

ここに株式投資を追加すれば、記事の題名のようなハイブリッド遊牧民の完成です。

 

 

関連コンテンツ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする